装飾品

ピアスはオシャレアイテム

アクセサリー

ボディーピアスを開ける時は、専用の器具で穴を開けるのですが、耳のピアスより穴が大きくなるし痛みもあるので躊躇してしまう事も多いと思います。ボディーピアス専門のサロンもありますが、皮膚科や美容外科でも開けてもらえるのです。キチンとした医師に開けてもらえる方が、安全です。ピアスホールは傷口なので、万が一のトラブルが無いとは言えないのです。その点、病院なら清潔ですし、消毒方法もきちんと教えてくれます。ピアスホールは、余り強い刺激の消毒を使うと、いつまでも綺麗なホールにならず、乾かないのです。それに、消毒が適当になってしまうと、ばい菌が入ったりしこりになってしまいます。そのため、消毒が不安な方は皮膚科などでの穴開けも検討してみるとよいでしょう。

今は、金属アレルギーの方でも、ボディーピアスを楽しむ事ができます。金属アレルギーだと、金属が触る部分が反応して、湿疹や痒みが出てしまう症状のことです。ピアスホールは傷口なので、金属アレルギーなのに金属のピアスをしていると、いつまでも乾かず綺麗なピアスホールにならないのです。でも、そんな方でもボディーに当たる所が、シリコンや純金、チタンで出来ている物もあるので、金属アレルギーの方でもボディーピアスを楽しむ事が出来るのです。 金属が直接肌に触れないピアスを選ぶ事になりますが、今はボディーピアスも種類が豊富です。アレルギー対応のボディーピアスがお店で見つからない時は、ネットの通販だと見つかりやすいです。

個性的な装飾

アクセサリー

オシャレな男女が愛用しているピアスですが、耳たぶだけではなく、軟骨部位にも穴を開けてピアスを装着させることができます。トラブルも少ない部位でもあり、個性的なデザインピアスが提案されていて、方耳のオシャレが簡単に楽しめます。

詳細を確認する...

おしゃれとして

装飾品

ボディピは1990年代から行う人が増えてきました。ボディピを楽しみたいと言う場合、ピアスホールを開けてくれる場所選びを工夫しなくてはいけません。ヘアサロンなどではなく、病院で開けることです。

詳細を確認する...

顔につけるピアス

鼻ピアス

鼻ピアスは、南アジアで伝統的に受け継がれてきました。現代では、海外セレブやパンクロッカー等を通じて、一般の人たちの間でも広がりつつあります。鼻の皮膚はデリケートです。毎日のケアを欠かさないようにしましょう。

詳細を確認する...